平成24年度事業計画と実績報告・評価

事業計画

平成24年度の事業計画はこちら

相談支援部会(実施日程)

第1回 相談支援部会
日時 平成24年4月19日(木)15:00〜
場所 琉球大学医学部附属病院3階 がんセンター
議事要旨

第2回 相談支援部会
日時 平成24年7月12日(木)
場所  琉球大学医学部附属病院3階 がんセンター
【議事要旨】

第3回 相談支援部会
日時 平成24年10月18日(木)
場所  琉球大学医学部附属病院3階 がんセンター
【議事要旨】

第4回 相談支援部会
日時 平成25年2月21日(木)、または2月28日(木)
場所  琉球大学医学部附属病院 がんセンター
【議事要旨】


事業計画の実績報告と自己評価について

1.    相談支援センターの患者・家族満足度調査実施する。

実 績:調査概要について再検討し、予備調査・本調査を行う計画へ修正となった。現在は予備調査にあたる患者・家族の認知度調査シートを作成中であり、3月までに実施予定である。
評 価:  5 点
次年度:認知度調査を基に調査用紙の見直しや改良を行い、満足度調査(本調査)用のシート作成および調査を実施する。満足度調査は次年度以降も継続的 に行い相談支援センターの質的評価や広報活動の強化につなげていく
 

2.    「地域の療養情報 おきなわがんサポートハンドブック第2版」を患者および家族、医療機関、福祉保健所、市町村などに配布し、「患者必携」の啓発を図る

実 績:沖縄県と共同でがん診療を専門に行っている医療機関、福祉保健所、市町村などに配布を行った。
    配布施設リストについては、別紙参照。普及啓発部会とも連携し、ラジオ番組での広報も実施した。
評 価: 10 点
次年度:第3版の発行に伴い終了。
 

3.    患者必携 「地域の療養情報 おきなわがんサポートハンドブック 第3版」を作成する

実績:10月より、当部会が中心となり、患者必携「地域の療養情報おきなわがんサポートハンドブック
第3版」作成に向けた作業部会を立ち上げた。計4回の作業部会を実施(12月現在までで計2回実施している)。完成は、3月1日を予定している。
評価:  8 点
次年度:第2版に習い、関係機関への配布と普及活動を行う。また「患者必携 おきなわがんサポートハンドブック第3版」評価アンケートを実施する。
 

4.    「患者さんのチェックリスト」について医療者向けパンフレットを作成する(追加事業)

実 績:医師と患者とのコミュニケーションの促進を図ることを目的に、「周知用チェックリスト(下敷タイプ)」を作成し、県内のがん診療に携わる医師の所属する68医療機関へ配布した。配布施設リストについては、別紙参照。
評価: 10 点
次年度:パンフレットの作成・配布後の評価を行う。
 

5.    相談支援センターの案内チラシを各自治体や専門施設配布し、普及・啓発を図る。

実 績:がん専門施設及び標準治療施設108施設へ配布を行った。
評 価: 10 点
次年度:相談者が気軽に相談できるよう、相談支援センターの周知のために患者・家族に加えて一般市民へ
もチラシ配布を行う。また、チラシ配布以外の普及啓発活動の実施も検討する。
 

6.    沖縄県医療機能調査のうち、がんの診療・在宅医療への取り組み・緩和ケアに関する結果を公開するよう沖縄県へ要望する

実 績:現在、要望書を協議会へ提案中である。承認されしだい沖縄県へ要望書を提出予定。
評 価: 8 点
次年度:情報公開ののち、沖縄県がん診療連携協議会ホームページへも掲載する。
 

7.    がん診療を行っている病院の医師対象に行った「セカンドオピニオンアンケート」の分析

実 績:分析と調査報告書のまとめが終了し、2012年10月に協力医療機関へ報告書の配布および協議会
ホームページにて公開した。
評 価: 10 点
次年度:終了。
 

8.    相談内容の分析を行う

実 績:10月に作業部会を1回開催し、現在使用している相談シートの集計項目の見直しを行った。
さらに3拠点病院の相談支援センターにおける共通のデータ分析ができるような集計シートを
作成中であり、今年度中に改定予定。
評 価: 5 点
次年度:3拠点病院間の相談シートと集計シートを共通化して運用を開始し、相談内容の集計と分析を行う。
 

9.    がん相談員を対象とした研修会の企画・運営を行う

実 績:各拠点病院で1回づつの持ち回りとし、沖縄県医療ソーシャルワーカ協会等の共催で研修会を
2回開催した。
1.那覇市立病院主催 平成24年10月 5日(金)
         がん相談支援員実務者研修会「チーム医療に貢献するリエゾン精神医学」
     2.琉球大学医学部附属病院主催 平成24年11月21日(水)
がん相談支援員実務者研修会「がん患者の休業補償」
評 価:  8 点
次年度:引き続き、継続して研修会を行う。
 

10.沖縄県がん相談支援センター相談マニュアルを作成する

  実 績:部会にて小児がんに関する相談マニュアルを作成する方向となり、たたき台を検討中。
評 価:  3 点
次年度:作業部会を開催しマニュアル作成し、拠点病院で試験的にマニュアルの導入を開始する。
 

11. 各支援病院等の常勤相談員の配置または増員について県に要望書を作成する。

評 価:現在、要望書を協議会へ提案中である。承認されしだい沖縄県へ要望書を提出予定。
実 績:  8 点
次年度:引き続き、相談支援センターに関する人的整備について沖縄県へ働きかける。

このページのTOPへ