平成23年度事業計画と実績報告・評価

<研修部会:平成23年度事業計画の実績報告と評価について>
 
1.医師向けの早期診断のための研修会を開催する
実績:今年度は、胆嚢・胆管がん、咽頭・喉頭がん、血液のがんについての研修会を行った。
「胆嚢・胆管がんに関する早期診断のための研修会」
平成23年 7月21日(木)県立中部病院
「咽頭・喉頭がんに関する早期診断のための研修会」
平成23年 9月15日(木)琉大病院
「血液のがんに関する早期診断のための研修会」
平成23年11月17日(木)那覇市立病院
 
 
 
 
評価:8点
次年度:引き続き継続する。次年度は、甲状腺がん、皮膚がん、腎がんを行う予定。
2.がん看護研修会の開催
各拠点病院にて、年1回づつ看護師向け研修会を開催する。
実績:各拠点病院の看護師向け研修会は各拠点病院で計画し行った。
   看護協会の研修会を研修部会が後援し行った。
評価:8点
次年度: 沖縄県看護協会と共催で拠点病院で1回づつ、がん看護研修を開催する。
 
3.認定薬剤師制度の活用、薬剤師向けの研修会実施
(1)緩和薬物療法認定薬剤師制度活用、緩和医療薬学会での単位取得を視野に入れた薬剤師向けの研修会を企画・実施する。
実績:実施済
評価:10点
 
(2)がん専門薬剤師制度(病院薬剤師向け)の活用、沖縄県独自のがん研修修了薬剤師制度を策定する。
実績:未実施
評価:3点
次年度:がん専門薬剤師向け研修(病院薬剤師向け)は、実施出来た。しかし、沖縄県独自のがん研
修修了薬剤師制度は実施許可に留まり、予算不足とカリキュラムの組み立てが未だのため、
未実施。次年度に向けて開催の具体を目指す。
 
4.協議会活動の報告
研修部会のこれまでの活動について、県内の薬剤師会、細胞学会、看護研究学会などでシンポジウムまたはポスター展示をする。県医師会総会にてポスターセッションで報告する。ポスターを作成する。
実績:各職種に対応した共通ポスター作成。ポスターセッション未実施。
   看護協会の教育活動として研修会に組み込んだ。がん看護研修会にて、がん対策について
   勉強時間を設けた。
評価:5点
次年度:各種研修会や講演会会場にてポスターの掲示を行う。
 
5.研修会の人材バンク(講演者リスト)の作成
講演者リスト更新を行う。
実績:実施済み
病院別と疾患別リストをよりわかり易いリストになるよう改善する。
実績:実施済み
認定看護師のリストを作成予定
実績:作成及び協議会ホームページへ掲載済み。
評価:8点
次年度:継続して行う。
6.拠点病院主催の研修会(院内も含む)スケジュールの作成
  拠点病院で行われている研修会の日時・内容を毎月ホームページ上で更新する 
  部会委員が把握していない他施設などの研修会を部会の研修と重複しないよう計画する。
実績:委員が所属していない施設での研修会等の把握、スケジュール調整は困難なので
出来ていないが、部会委員およびがんセンターで把握しているものは常時掲載している。
評価:7点
次年度:引き続き継続する。
 
. 放射線技師を対象とした研修会を開催する
  各拠点病院にて、年1回づつ放射線技師向けコメディカルスタッフを対象とした研修会を開催する
実績:沖縄県立中部病院にて「放射線治療を安心して受けていただくために」開催。
評価:4点
次年度:継続して行う。
 
. 検査技師を対象とした研修会を開催する
各拠点病院にて、年1回づつ検査技師向け研修会を開催する。
実績:11月「呼吸器細胞診」2月「呼吸器、胆嚢、膵臓細胞診ワークショップ」開催
(どちらも那覇市立病院にて)
評価:9点
次年度:継続して行う。
 

研修部会(実施日程)

第1回 研修部会
日時 平成24年4月24日(火)16:00〜
場所 琉球大学医学部附属病院 がんセンター
議事要旨

このページのTOPへ