がん診療連携拠点病院とは

 2007 年度から、がん対策を総合的、計画的に推進するための法律(がん対策基本法)が施行されました。
それに伴って、都道府県ごとに、医療機関のがん医療ネットワークづくりが進められています。
 その中心となるのは、「がん診療連携拠点病院(がん拠点病院)」です。がん拠点病院とは、全国どこで
も質の高いがん医療が受けられるようにするために国が指定した医療機関です。都道府県ごとに約1ヵ所
置かれる「都道府県がん診療連携拠点病院」と、地域ごとに整備される「地域がん診療連携拠点病院」が
あります。これらの拠点病院では、診療のほか、医療従事者の育成や、がん医療の推進を目的とした、
患者さん情報の登録(がん登録)を行っています。
 更に、沖縄県では、宮古保健医療圏と八重山保健医療圏内に地域がん診療連携拠点病院がありません。
そこで、沖縄県では、北部、宮古、八重山保健医療圏でがん診療連携の中核を担うことが適当であると
認める医療機関を「がん診療連携支援病院」として、補助金を交付し、医療従事者の育成やがん登録の
推進、がん患者関係者の相談支援等を行ない、拠点病院と連携したがん診療体制の整備を推進しています。


 

このページのTOPへ