平成23年度事業計画と実績報告・評価

事業計画

 平成23年度事業計画はこちら

相談支援部会(実施日程)

第1回 相談支援部会
日時 平成23年4月22日(金)15:00〜17:00
場所 琉球大学医学部附属病院がんセンター
【議事要旨】
第2回相談支援部会
日時 平成23年5月19日(木)15:00〜17:00
場所 琉球大学医学部附属病院がんセンター
【議事要旨】
第3回 相談支援部会
日時 平成23年7月21日(木)15:00〜17:00
場所 琉球大学医学部附属病院がんセンター
議事要旨
第4回 相談支援部会
日時 平成23年9月22日(木)15:00〜17:00
場所 琉球大学医学部附属病院がんセンター
議事要旨
第5回 相談支援部会
日時 平成23年11月17日(木)15:00〜17:00
場所 琉球大学医学部附属病院がんセンター
議事要旨
第6回 相談支援部会
日時 平成24年1月19日(木)15:00〜17:00
場所 琉球大学医学部附属病院がんセンター
【議事要旨】
第7回 相談支援部会
日時 平成24年3月8日(木)15:00〜18:00
場所 琉球大学医学部附属病院がんセンター
議事要旨

事業計画の実績と自己評価について

1.    相談支援センターの患者・家族満足度調査実施する。

実 績 
現在、患者・家族満足度調査シートを作成中であり、24年6月より調査実施予定。
評 価:3点
次年度:継続して、調査シートを作成し、6月より調査を開始する。
 

2.    「地域の療養情報」を患者および家族、医療機関、福祉保健所、市町村などに配布し、「患者必携」の啓発を図る

実 績
沖縄県と共同でがん診療を専門に行っている医療機関、福祉保健所、市町村などに配布を行った。
配布施設リストについては、別紙参照
評 価:10点
次年度:第1版に習い、関係機関へ配布する。また、がん専門医療機関については配布部数を増加する。
 

3.    相談支援センターの案内チラシを各自治体や専門施設配布し、普及・啓発を図る。

実 績 
全自治体(41市町村)へ配布を行った。がん専門施設及び標準治療施設への配布については、
次年度配布することとなった。
評 価:7点
次年度:がん専門機関(25施設)、標準治療機関(83施設)へ配布する。
 

4.    地域ネットワーク部会と共同で沖縄県医療機能調査を実施する。

実 績 
未実施。現在、地域ネットワーク部会にて医療機能調査シート(案)を作成中である。
評 価:0点
次年度:調査方法を単独調査とするのかどうか検討中である。
 

5.    がん診療を行っている病院の医師対象に行った「セカンドオピニオンアンケート」の分析

実 績 
現在分析中であり、2012年3月までに協力医療機関および、協議会ホームページにて公開予定
評 価:5点
次年度:分析結果を協議会ホームページへ公開する。
 

6.    相談内容の分析を行う

実 績 
現在、(3拠点病院の相談支援センターにおける)3拠点病院共通のデータ分析ができるようシステム開発中であり、2012年9月に協議会ホームページにて公開予定。
評 価:5点
次年度:3拠点病院のデータ分析方法を統一し、協議会ホームページへ公開する。
  

7.    がん相談員を対象とした研修会の企画・運営を行う

実 績 
琉大病院、那覇市立病院主催、相談支援部会・沖縄県医療ソーシャルワーカ協会共催で下記の
研修会を開催した。
   1.琉球大学医学部附属病院主催 平成23年8月11日(木)
「患者必携 がんになったら手にとるガイド」について
   2.那覇市立病院主催 平成23年8月27日(土)
「労災保険法に基づく石綿による疾病の取り扱いについて・石綿(アスベスト)による健康被害の救済に関する法律について」
「アスベストによる肺がん及び中皮腫について」
評 価:10点
次年度:引き続き、継続して研修会を行う。
 

8.    拠点病院および支援病院における、国立がん研究センター研修会(相談員基礎研修会1,2,3)を参加した相談員を配置、増員する。また、各支援病院の常勤相談員の配置について、沖縄県へ提言する。

実 績 
「沖縄県がん対策推進条例(仮称)骨子案に関する意見」として、パブリックコメントを提出した。また、八重山病院において、相談員が国立がん研究センター相談員基礎研修1,2へ参加した。
参加者:沖縄県立八重山病院  伊良皆 香代 (医療ソーシャルワーカー)
    研修会:基礎研修会1(5月17日〜18日 )
〃   2(5月18日〜20日)
評 価:6点
次年度:引き続き、沖縄県へ働きかける。
 

9.    患者必携 「地域の療養情報 おきなわがんサポートハンドブック」改訂版を作成する(追加事業)

実 績 
昨年9月より、当部会が中心となり、患者必携「地域の療養情報おきなわがんサポートハンドブック」
改訂版作成に向けた、作業部会を立ち上げた。月に一度、作業部会を実施(1月現在までで計5回
      実施している)。また、10月より協議会ホームページ、沖縄県ホームページより、パブリックコメントを
      聴衆し、現在、患者会とも協力しながら掲載内容に討議中である。完成は、3月1日を予定している。
 評  価:10点
 次年度:「患者必携 おきなわがんサポートハンドブック第3版」作成に向けて情報収集し、作成する。

このページのTOPへ