平成20年度事業計画と実績報告・評価

事業計画

1.地域連携クリティカルパスの作成(胃、大腸、肺、肝、乳がん)

(1)地域連携クリティカルパス作成のタイムテーブルを作成する。

(2)今年度中に、各拠点病院における5大がん(胃、大腸、肺、肝、乳癌)の院内クリティカルパスの作成ないしは改訂を行い、確実に運用を開始する。

(3)谷水班(全国のがん診療連携拠点病院において活用可能な地域連携クリティカルパスモデルの開発)に本部会委員を送り、情報収集を行う。

(4)沖縄県下の医療機関を対象に、がんにおける病診連携に関するアンケートを行い、がん診療の地域連携に関するバックグランドを把握する。

2.病理診断ネットワークの構築(離島、本島、拠点病院間)

3.宮古医療圏、八重山医療圏及び北部医療圏のがん医療の再考

4.在宅がん医療の普及

地域ネットワーク部会(実施日程)

第1回 地域ネットワーク部会
日時 平成20年11月5日(火) 17:00〜
場所 琉球大学医学部附属病院がんセンター
議事要旨

第2回 地域ネットワーク部会
日時 平成20年12月3日(水) 16:00〜
場所 琉球大学医学部附属病院がんセンター
議事要旨

第3回 地域ネットワーク部会
日時 平成21年1月14日(火) 16:00〜
場所 琉球大学医学部附属病院がんセンター
議事要旨

第4回 地域ネットワーク部会
日時 平成21年2月4日(火) 16:00〜
場所 琉球大学医学部附属病院がんセンター
議事要旨

第5回 地域ネットワーク部会
日時 平成21年3月4日(火) 16:00〜
場所 琉球大学医学部附属病院がんセンター
議事要旨



事業計画の実績報告と自己評価について

1.地域連携クリティカルパスの作成(胃、大腸、肺、肝、乳がん)

(1)地域連携クリティカルパス作成のタイムテーブルを作成する。

実績 地域連携クリティカルパス作成のタイムテーブルを作成した。(資料5-1-1)
評価 5点 タイムテーブルが完成した。
次年度 タイムテーブルに沿って、地域連携クリティカルパス(案)を作成し、地域の主要病院に対して意見聴取を行う。

(2)沖縄県の病院機能調査の結果をもとに、病院別、臓器別の症例数を調査する。

実績 沖縄県の病院機能調査の結果をもとに、病院別、臓器別の症例数の調査を行った。さらに、4拠点病院の地域患者カバー率を出した。(資料5-1-2)
評価 5点 調査を行ったため。
次年度 診療所に関しても同様の調査を行う。

(3)今年度中に、各拠点病院における5大がん(胃、大腸、肺、肝、乳癌)の院内クリティカルパスの作成ないしは改訂を行い、確実に運用を開始する。

実績 未実施。「我が国に多いがん(胃、大腸、肺、肝、乳がん)」の地域連携クリティカルパスの整備のため、がん種毎にワーキンググループを設置した。さらに、4拠点病院へ院内クリティカルパスの作成・運用状況のアンケートを行った。
評価 3点 5大がんすべての院内クリティカルパスの改定・運用がまだ。
次年度 5大がん(胃、大腸、肺、肝、乳がん)の院内クリティカルパスの作成ないしは改訂を行い、確実に運用を開始する。

(4)谷水班(全国のがん診療連携拠点病院において活用可能な地域連携クリティカルパスモデルの開発)に本部会委員を送り、情報収集を行う。

実績 1.谷水班(全国のがん診療連携拠点病院において活用可能な地域連携クリティカルパスモデルの開発)第4回研究班会議に参加し、情報収集を行った。
日程:平成20年11月22日(土) 場所:大宮ソニックシティ
2.谷水班(全国のがん診療連携拠点病院において活用可能な地域連携クリティカルパスモデルの開発)カンファランスに参加し情報収集を行った。
日程:平成21年3月8日(日) 場所:東京女子医科大学 弥生記念講堂
評価 5点 2回の班会議に参加し、有益な情報を得た。
次年度 引き続き継続する。

(5)沖縄県下の医療機関を対象に、がんにおける病診連携に関するアンケートを行い、がん診療の地域連携に関するバックグランドを把握する。

実績 沖縄県下の医療機関を対象に、がんにおける病診連携に関するアンケートを作成し、平成21年3月中に送付する。
評価 2点 未集計のため。
次年度 アンケート結果を元に、がん診療の地域連携に関するバックグランドを把握し、地域連携クリティカルパス開発を開始する。

2.病理診断ネットワークの構築(離島、本島、拠点病院間)

実績 病理診断のネットワーク構築のため、離島の現状調査を行った。
その結果、術中迅速病理診断の件数は、県立宮古病院・県立八重山病院からそれぞれ2か月に1回程度で、合わせても月に1回程度である。しかし、病理部門では人的不足の問題があり、テレパソロジー以外の持ち場の責務を果たす事に精一杯という状況下にあり、ニーズが安定しているとは言い難い。
評価 2点 調査のみ行ったため。
次年度 ニーズを掘り起こしていくため、来年度も調査を続けることになった。

3.宮古医療圏、八重山医療圏及び北部医療圏のがん医療の再考

実績 未実施
評価 1点 未実施のため。
次年度 引き続き継続する。

4.在宅がん医療の普及

実績 未実施
評価 1点 未実施のため。
次年度 引き続き継続する。

このページのTOPへ